「福祉レジーム論」再考

伊藤新一郎(2005)『「福祉レジーム論」再考』『北星学園大学大学院社会福祉学研究科北星学園大学大学院論集』8, 1-13

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006818773

PDFあり

 副題は、国際比較研究における意義と課題となっている。

 イマイチ分かりにくい福祉レジーム、あるいは福祉国家のシステム、カテゴリーだが、この論文はじっくりとその辺の事を書かれている。福祉国家には例えばイギリス型とかデンマーク型とかアメリカ型などを想起するけれど、実際にどんな福祉のシステムを採用しているかとなれば、ちょっと難しい。教科書では主な特徴とか書かれているけれど、福祉施設などで働いていると視点が大きすぎてイメージがつきにくいし、興味が湧かない分野だったりする。

 しかし、いまの日本はどのような福祉国家のシステムなのかを知ることは結構、重要なんじゃないだろうかとも思う。しかし、上記のように理解しにくい国家戦略。そして国際比較となる。この論文では、この手の研究では必ず踏まえないといけない、エスピン・アンデルセンの福祉レジームの良き紹介論文となっている。

 一昔前まで、産業が良くなれば福祉も相対的に向上することがお気楽に考えられていた収斂論が破綻して、産業が良くなっても悪くなっても福祉施策へのアプローチは多様であるとする拡散論が台頭してきていること。しかし、いまは新たな収斂論としてグローバリズムによる福祉施策の影響が議論されているとのこと。また、一時期、福祉国家レジームと言われていたが、福祉国家というと多くは公的福祉の規模やそのあり方に関心が寄せられがちであること。しかし、国家、市場、家族が構成するレジームがあり、福祉供給における三つのセクターの比重のあり方が、レジームの制度構造を決定するということで、福祉レジームという広い概念として使われるようになったとのこと。

 その他、福祉国家という用語の使われ方の複雑さとか矛盾点、レジームの変容と後発型の国家のシステムについての議論など広く論じられている。

 特に、グローバリズムと国家の対応については、良く論じられているがその背景にはどのようなことがあるのかについてよく分かっていないこともあった。また、国家(公的)、民間、個人、家族などの福祉レジームも良く論じられるが、どうしてそんなことにこだわるのかシステムとしての共通概念が分からなかった。その意味でも、この論文は良き案内役となっている。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク