英国ポストモダンソーシャルワーク論における認識論的および倫理的課題をめぐって

児島亜紀子(2009)「英国ポストモダンソーシャルワーク論における認識論的および倫理的課題をめぐって」『社会問題研究』58 (137), 29-43,大阪府立大学人間社会学部社会福祉学科

http://ci.nii.ac.jp/naid/120002739876

PDFあり

 副題はハウ論文の批判を中心にとなっている。

 児島先生のポストモダンソーシャルワーク論の最初の頃の論文である。その後、ケアの倫理などの概説に移っていくが、いわゆるポストモダンソーシャルワーク論とは何かの良い概説および批判的な論文である。ポストモダンソーシャルワーク論は、ナラティブなどに代表される。いわゆる真理とか普遍的なものはなく、それはそれぞれの言説によって成立している、セカイ観である。 援助者は利用者に福祉サービスを提供するとき、知らず知らずのうちに権威として働きかけている。だから、この権威はどこから来て、どのように利用者に作用するのかをじっくりと自覚しないといけない。現在の援助技術で取り上げられる問題点や最新の理論展開について格好の手引き書になっていると思う。そして、ポストモダンソーシャルワーク論の限界とか欠点も良く掘り下げられている。

 結局、いくら見方を変えても、そこには貧困とか生活困難という「事実」は残る。福祉の暗黙の了解として、あるいは言ってはいけないことの一つに、「あんたの自己責任でしょ」ということ。確かに怠けて貧困になったり、不摂生から病気になったら、ついつい、言いそうなものであるが…でも、社会福祉に関係する人は、そう思ったとしても、それを括って、目の前にある事実をどうにかしないといけない。それは金銭だったり住居の提供だったりと非常に具体的なことである。じゃぁ、その後、その人をどうするのか。資本主義社会の中で、福祉国家の中でどのようにその人を位置づけ、生きる手だてを示すのか。それは思ったほど多様な選択肢はないかもしれない。しかし、道筋はそれなりにあるかもしれない。そのプロセスをどのように示すのか。それが援助者のスタンスであると思う。

 とかくポストモダンソーシャルワーク論は最新の理論であり、手放しで賛成する人が多く、また批判的に観る人は少ない。何がどうなのか。そして何を考えるべきなのかについて日本ではまだまだ緒がついたばかりなような気がする。その意味で、非常に良い案内役となるといえる。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク