スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会福祉の変換における歴史性の問題

末崎栄司(1999)「社会福祉の変換における歴史性の問題」『同朋福祉』5,59-73

http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10517509

PDFなし

 えぇっと冒頭の方で、社会福祉の転換では、歴史の重みというものが少々欠如しているのではないかと思うという書き出しから、いきなりホームヘルパーの制度説明から始まってかなり面食らってしまう内容。その上で、公的ヘルパーが1割で民間ヘルパーは9割という河合克義教授の問題意識を丸写し。参考文献も2冊だけという歴史性の欠如を訴える内容としてはどうかと思う。

 どうも歴史性の欠如とは、後半に書かれている国家責任の後退への批判、国家責任が憲法に謳われたことの大切さを記述するところらしいが、私だったら、歴史性の欠如なんていわないで、国家責任が成立当初に比べ理念を喪失しているぐらいにしておいて、冒頭に、国家責任の歴史的経緯を書いて、例示としてホームヘルパーのことを書くかな。

 また現在の在宅福祉の流れから言って、間違った記述もある。根本的に、在宅高齢者の生活問題や社会問題が公的ヘルパーによって把握されることはなく、また民間ヘルパーは把握できないといったレベルではなく、こうした生活問題の総合的な視点はケアマネが担っており、総合的に計画される。むろん、ヘルパーが在宅高齢者の生活問題に意識を持つことはとても大切であり、それは公的だとか民間だとか関係なくそうした視点で業務に当たり、ケアマネに報告することもまた大切な仕事であると思う。

 これまでの在宅福祉が家族の介護に依存してきたし、いまはその傾向が更に強まっているのも確かである。国家や行政の責任の後退もはっきりしている。だからこそ、あり得るべき社会福祉の姿を思い描くことは必要だし、それは自分を含めた当事者性が問われているんじゃないかと思う。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。