スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女マンガ論の生成期と「24年組」神話

繁富佐貴 (2010)「少女マンガ論の生成期と「24年組」神話」『日本女子大学大学院人間社会研究科紀要』16, 69-83

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007575983

PDFあり

 昨日の続編のような論文。「1980年代の「少女」論の構造」http://ci.nii.ac.jp/naid/110007029737では、少女マンガ、少女小説などといわれる場合の「少女」とはどのようなイメージを持っているのかを考察したものであった。この論文はもう少し絞り込み、少女マンガを語る上で、「24年組」というキーワードが少女マンガを語る上で非常に重要であることに着目し、なぜ、24年組なのか。その重要な意味とは何かについて考察した内容になっている。

 少女マンガ論が始まったのは、1970年代後半であり、その時にとりわけ注目されたのが”花の「24年組」”とのこと。現在でも直接「24年組」を論じていなくても、「24年組」を基準に語る視線が無自覚に持ち込まれているという。この花の24年組とは、昭和24年頃に生まれた少女漫画家のうち、萩尾望都や竹宮恵子、山岸涼子、大島弓子、木原敏江などを指し、少女マンガに文学性を与えたと評されている作家であり、彼女らによって、少女マンガに革新がもたらされたという。しかし、この花の24年組は前述の作家達が自ら呼び始めたものであり、遊戯的なものであったといえる。

 その後、これらの作家が実験的な雑誌で好きなように書いたことや、少女マンガのあのキラキラと光りまくる目に拒否感を抱く男性側の編集者の話などマンガ論にとってはなかなか面白い裏話を読むことができる。また24年組論以前と以後の比較で述べるならば、端的に以前は少女マンガは論じるの値しない位置づけであった。あるいは少女マンガ=欠陥マンガ旧態依然マンガとして見なされていた。その後、こうした少女マンガへの批判や軽視に反乱を起こすように24年組が活躍することになるが、それでも1985年以降はあまり少女マンガ論は語られなくなる。この論文では、そこに至るまでの熱気をかなり描いている。

 少女マンガは、実は妹が大好きで、80年代から90年代までと、やはり24年組のも幅広く集めていたし、その量は結構なものだった。また父の妹も多分、リアルタイムに24年組のマンガを読んで、私の妹に読ませていたりした。いま、少女マンガ雑誌がどうなっているのか分からないけれど、その時はかなりの熱気を持っていたような気がする。少なくても80年代は。なので、ある程度この論文がいわんとすること、そして参考文献にあげた膨大な雑誌や作品は何となくイメージを持って読むことができたが、多分、興味がない人はちんぷんかんぷんだろう。

 昔熱心に少女マンガを読んだことのある人、あるいはマンガ論に興味がある人には、この少女マンガ史はかなりマニアックで面白い内容であると思う。最後に、いらぬ心配かもしれないが、これで博士課程の研究をした後、どんな研究職に就職したのだろうか。とことん自分の好きなことを突き詰めたような内容であり、査読教官とか大丈夫かと思った。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。