スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊びが児童の心身に与える影響について

遠藤 俊郎ほか(2007)「遊びが児童の心身に与える影響について -児童の攻撃性・社会性に着目して-」『教育実践学研究』12,25-34,山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター


http://ci.nii.ac.jp/naid/110006245657/


PDF論文有り




遊びの分類について、遊びは


1.外遊びと2.内遊び(室内遊び)に大まかに分類される。


そのうち1.外遊びは、a.集団遊びとb.1人遊び(散歩、自転車)に分類される。さらにa.集団遊びは、鄯.ごっこ遊び(ままごと)、鄱.スポーツ(野球)、鄴.ゲーム(鬼ごっこ)となる。


2.内遊びはa.集団遊び(トランプ)、b.群遊び(おしゃべり)、c.ひとり遊び(テレビゲーム)に分類される。


論者は、テレビゲームが子どもの攻撃性を醸成することに有意に高いことを指摘している。この先生はスポーツ(競技者)に関する研究の蓄積がかなりある人なので、この論文はスポーツの有用性を確認する向きが強いという感想を持つ。テレビゲームも内遊びも遊びとしてある以上、簡単に否定してはいけないと思われるが。


http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002308367



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。