子どもの遊びとその保障 : 援助者の視点から

荘祐(2004)「子どもの遊びとその保障 : 援助者の視点から」『福祉臨床学科紀要』 1, 43-48,神戸親和女子大学


http://ci.nii.ac.jp/naid/110006159248


PDF論文有り




遊びについての諸理論の整理を行っている。


豊かな遊びの前提条件は



  1. 遊びの欲求を持っていること


  2. 遊び時間を持っていること


  3. 仲間がいること


  4. 遊び場があること


遊びの価値を認めることが一番大事である。大人の遊びへの関わりとして


子どもが主役であるが、方法や程度などにより子どもの遊びをより効果的に発展させるためには大人の関わりが必要である。論文の「まとめ」や「おわり」は参考になる。


この先生、割と研究をしていて特に障害児と保育との調査を意欲的に行っている。


http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000004546186


http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000004551390



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク