介護保険10年の検証~施設経営の立場から

廣末利弥(2010)「介護保険10年の検証~施設経営の立場から」『総合社会福祉研究』37,74-86


主にディサービスや特別養護老人ホームの経営状態について論考されている。10年を概観し、増えたモノ減ったモノを列記している。



  • 増えたモノ~利用者の負担、介護サービス、特養の待機者、職員の事務的仕事量、非正規職員・外部委託


  • 減ったモノ~福祉サービス、公的責任の地域福祉、介護給付費、職員の給与、利用者と寄り添う時間


増えたモノが「介護サービス」で減ったモノが「福祉サービス」とは言い得て妙である。


ここ最近の動向と併せて民間企業の介護業界参入に対する批判などなど。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク