スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターについて3本

 ハリー・ポッターは四巻まで面白いけれど、そこからどんどん暗くなり、ダンブルドアが亡くなるあたりで真っ暗に突入し、「謎のプリンス」六巻なんて息苦しいくらい。そして、七巻もなんだかどこか重いモノを背負った感じで終わる。ちょうど、指輪物語も中盤から重くなるような感じである。どうも重厚なファンタジーは、そうした暗さをどこかに抱える。だからこそ、ラストが活きるのかも知れないけれど。すべてPDFあり

 チータムはちょうどハリー・ポッターが三巻出されたときに書かれたモノ。ちょうどハリー・ポッターが世界現象のように出版前日からお祭り状態になっていた時期で、そのフィーバーの原因について論考している。ハリーの生い立ちや世界設計は古典的にも定石と行ってよい構造をしていること、子供のために優しく書かれているわけではなく、むしろ大人が読んでも十分に楽しいことなどを論じている。また、この手のファンタジーでの魔法の取り扱いは、古典と違ってかなり気楽に使われていることや、家庭環境の過酷さと現実の辛さがその境遇に比べて、明るく描かれていることなど、つまりライト(軽さ)もまた安心させてくれることなどを分析している。これから読もうと思う人にはよい手引き書となっている。

 加藤は、ハリーはキリスト教福音主義には批判的に取り扱われていないこと。その一方で、ナルニア物語は好意的に捉えられているその原因について分析している。ナルニア物語は全知全能のアスランがキリストを彷彿させること。ハリーは主人公として、時にだましたり、ウソをついたり、出し抜いたり、人の不幸を笑ったりすることがあり、お世辞にも高潔な人格ではないことなどがテキスト分析で明らかにされている。また最後の方で、ナルニア物語は異教徒についての取り扱いがあり、本来原作者は、キリスト教ではなくても、良いものは他の宗教を信じるモノの中にあるという寛容を示している。しかし、福音主義者は、こうしたところを強調するよりも、ナルニア物語の中にあるキリスト教的なところを強調するように働きかけていたことなどを紹介している。ナルニア物語やハリー・ポッターの宗教性について興味にある人には読みやすい比較を行っている。

 竹田は、題名の通り、不死鳥の騎士団の重苦しい内容について分析している。このあたりからぐっと難しくなるのも確かで、読み進める上で、こうした解釈は良い導きとなる。4巻までのあらすじからこの巻で取り扱われる、予言、そしてその意味について解題している。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。