地域福祉推進における2つの支援機能 : 個別支援と地域支援に着目して

地域福祉推進における2つの支援機能 : 個別支援と地域支援に着目して
PDFあり

2017年に発表された新しい論文.
最近の地域共生社会への動向にも目配せしており,現在の地域福祉の取り組みを網羅している.ただ,昨今の地域福祉の展開をなぞるだけでは無く,批判的な考察も加えておりコミュニティソーシャルワーカーを目指す人にとっても参考になる内容となっている.
具体的には,地域にコミュニティソーシャルワーカーが働きかけることで,社会的孤立や貧困が包括的になんでも解決できるような,地域インフレーションな状態にあること.ミクロな問題を住民の主体性や社会資源を有機的に結びつけることで解決しようとすることが使命になっていることなどについて批判を加えている.
筆者は,確かに個別的な支援が地域の中で包括的に解決できることはあるかもしれないが,それが全てでは無い.個別支援の中には現存する他の専門機関に橋渡しをすることで解決することがある.あるいは,地域の課題の解決が個別支援に役立つとも限らず,地域の課題は課題で別立てで考えて行かないことがあることを明らかにしている.
つまり地域支援と個別支援を一体として考えることは問題があり,地域支援の延長線上に個別支援があるわけでも,その逆でも無いということを岡村重夫の地域福祉論を元に指摘している.
本来であれば,地域支援と個別支援をする専門職を分けて連携などをすることがのぞましいが昨今の総合相談やワンストップサービスの中で一体的に捉えがちになっている.地域包括支援センターでも一応は,保健師,社会福祉士,主任ケアマネという役割分担が可能な配置となっているが,ケアプラン作成は三専門職が行い,地域課題についても役割は判然としていない.一方で,そうした縦割りで考えるべきでは無いとする意見もあると思うが,個別支援と地域支援は別立てで一度考えてみるということは必要であるし,それは連携という個々の専門職での連携で捉えることの方が良いのでは無いか.
そんなことを徒然に考えてみたり.やや,読みにくい箇所もあり,論拠を明らかにするあたりは退屈に映るかも知れない.また岡村理論の概要を把握しておかないといけないところもあり,決して優しい内容では無いが,参考文献は示唆に富み,考えさせられる内容となっている.

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク