メモ:キャリア・アンカーについて

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」

【142】大人達(40代)を責めないで  5ページ目

 憧れのデザイナー職を辞め、子どもの環境第一と田舎に引っ込み、今は非正規の職につきながら次のキャリアについて、思いを巡らしぽつりぽつり語る 人。40代。わずか20余年の職業人生の中で、それぞれに重い荷物を背負いながらも前向きに生きる40代に共通するのはしっかりした「キャリアアンカー」 を持っていること。

 キャリアアンカーとは人生計画の基になる志のこと(キャリアとは職業人生。アンカーとは船の碇)。産業カウンセリングでは最も大切な概念の一つとして学 ぶが、話を聞いた40代の「おじさん達」はわずか20年ほどの職業経験から、知らぬ間に「キャリアアンカー」を身につけていた。

 から抜粋したんだけど、キャリア・アンカーって何それと思ってwikiで調べたら

キャリア・アンカーとは、アメリカ合衆国組織心理学エドガー・シャインによって提唱された概念

ある人物が自らのキャリアを選択する際に、最も大切な(どうしても犠牲にしたくない)価値観欲求のこと、また、周囲が変化しても自己の内面で不動なもののことをいう。

  • シャインは主なキャリア・アンカーを「管理能力」「技術的・機能的能力」「安全性」「創造性」「自律と独立」「奉仕・社会献身」「純粋な挑戦」「ワーク・ライフバランス」の8つに分類した。

  • 管理能力 - 組織の中で責任ある役割を担うこと(を望むこと)。
  • 技術的・機能的能力 - 自分の専門性や技術が高まること(を望むこと)。
  • 安全性 - 安定的に1つの組織に属すること(を望むこと)。
  • 創造性 - クリエイティブに新しいことを生み出すこと(を望むこと)。
  • 自律と独立 - 自分で独立すること(を望むこと)。
  • 奉仕・社会献身 - 社会を良くしたり他人に奉仕したりすること(を望むこと)。
  • 純粋な挑戦 - 解決困難な問題に挑戦すること(を望むこと)。
  • ワーク・ライフバランス - 個人的な欲求と、家族と、仕事とのバランス調整をすること(を望むこと)なんだそうな。

  で、ふ~んとCiNiiでそのキーワードを入れてみたら、ほとんど看護職とか社会人大学院へのアンケート調査などが中心。会社側としては、管理能力とか人材育成を求めるので、個人の安全性とか創造性、奉仕など以下のキャリアアンカーはあんまり考慮されないってのがあった。

 自分の確固たる価値観、これだけは譲れないって言っても、そうはいかないのが世の中ってモンで、それをどう折り合いをつけるかってことなんかなじゃないだろうか。とはいえ、これまでキャリアアップとかキャリアパスといった組織の中で規格化していくことに躍起になっている福祉業界ではこうしたキャリア・アンカーのような話にまで行かない。しかし、仕事を続けていく中で自分がどうしたいのかを見定めたとき、このキャリア・アンカーはひとつの指標になるんじゃないだろうか。その意味で、看護で実施されているのならば、スケールはほとんどパクればいいから、福祉職について調査する人いませんかね。相談業務とか介護職に分けるとか男女の意識の差とか結構面白いモノが出そうな気がするんだよね。私は、超文系なので分析とかからっきしなんで、できませんが、視点としては研究に十分になりうる未知の分野かもしれない。

 自分自身が中堅以上にさしかかってきたときに、自分は何がしたいのか。これはとても重要なこと。私は多分、創造性とワークライフバランスかな。この職業に就いたからこそ、創造性を志向できたし、ワークライフバランスの大切さを知った。その意味で、仕事は私に生き甲斐を与えてくれた。これまでさんざん働いてきた。そしてこれからも働いていく。ならば、これから自分はどこを目指して働いていくか。それがキャリア・アンカーなんだなと理解した。

佐藤厚(2009)「キャリア・アンカーと仕事意識―技術者を中心に」『法政大学キャリアデザイン学部紀要』6, 139-180

http://ci.nii.ac.jp/naid/120003221880

坂口桃子(2003)「看護職の組織内キャリア発達-組織と個人の適合過程-」『国際医療福祉大学紀要』 7, 1-29

http://ci.nii.ac.jp/naid/110008677642

共にPDFあり

さらに福祉系では一件だけヒットした。こちらはPDFなし

田口潤(2008)「高齢者施設に働く介護職員のキャリア・アンカーと就労意欲に関する研究」『社会事業研究』 47, 106-109,日本社会事業大学社会福祉学会

http://ci.nii.ac.jp/naid/40016140914
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク