スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「他者への欲望」からみた教育の倫理

森岡次郎(2011)「「他者への欲望」からみた教育の倫理」『大阪大学大学院人間科学研究科紀要』37,149-170

http://ci.nii.ac.jp/naid/40018810353

PDFなし(秋田大学で収集)

2012年4時点で2010年までPDFで公開されている

大阪大学大学院人間科学研究科紀要

http://www.hus.osaka-u.ac.jp/kiyo.html

 副題は、障害者解放運動と障害学を経由して となっている。

 最初に、障害者の差別とかそうしたことを主題にしているのかなぁと読み進めていったら、後半は教育学での視点にシフトしていった。紀要の方向性が教育学だった事を気づいて、ちょっと失敗だったかなと。まぁ、はじめの方でも教育の倫理を論じるためにいささか迂回した議論になるがと言及していたけれど。

 障害者解放運動では、青い芝の会の運動を外すことはできない。いま、この青い芝の会のことを知っている人はどのくらいいるだろうか。まだ大学でも講義の中にやっているだろうか。1970年代の一代ムーブメントであった。脳性麻痺の子どもを母親が介護疲れで殺してしまい、それを地域住民が減刑嘆願運動を起こした事への反旗でもあった。本論では、まっすぐ、優生学への批判について述べている。その後、障害学では当事者性について、だれが障害者に仕立てるのかについての理論的運動について概説している。このあたりは、非常に読みやすく、しかも障害者福祉の歴史や現在についてコンパクトにまとめている。

 その後、新優生学的欲望とか他者への欲望についてレヴィナスなどを参照して書かれている。新優生学では、遺伝技術や生殖医療技術の発展で、障碍を持つ子供が生まれる「リスク」を減らせるようになったこと。あるいは、そのリスクを冒さないように出産する人が自己決定で行われていることを指す。障害がリスクとして捉えられること。この自己決定が無意識のうちに選択されること。これが新優生学的な欲望である。

 しかし、本論はそこから急展開を見せて、そもそも人が生むのも、どんな子供が生まれるのも未確定で不確実である。確かに人は合目的的に、自己の欲望を優先させる。でも、その欲望は元を正せば、自分一人で達成させるものではなく、つねに享受されるものである。享受は他者によってもたらせるものである。よって、享受とは他者に対して自己が受動的でなければならない。この受動性があって人は自己の欲望を満たすことができるのである。

 障害者を社会の成員として認めてほしいという欲望は何によって享受されるのか。それは、他者への欲望の中にある。とするならば、健常者/障害者という二項目での対立ではなく、もっと違う関係性があるのではないだろうか。あるいは、障害を持つ子供を産むことはリスクであるから排除することを選ぶ内なる優生思想を乗り越えるにはどうしたらよいのだろうか。それもまた、子どもを授かったという享受が何によってもたらせるのか。そうした根源的なことに思いを寄せることではないだろうか。

 最後に論じている文章が美しい。

 レヴィナスの論じていいる、欲望に対する原理的考察を進めていくと[…中略…」障害者たちが採用した批判と告発の形式や、社会構築主義的二項図式を越えた関係性のモデルとを、教育学的視座から提示することは可能となるだろう。おそらくそれは、ストイックな反省としてではなく、快楽を求める欲望の様態として描かれるはずである。

 快楽の様態とは何か。非常に気になるが、残念ながら次回に続くって感じで終わっている。近いところで小泉義之の『病の哲学』とかドゥルーズの『千のプラトー』とかがかぶってくるような気がする。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。