スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害児教育の考え方

辻弘三(2008)「障害児教育の考え方」『太成学院大学紀要』 10, 183-194

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006966929

PDFあり

 副題は、知的障害養護学校からの発信 となっている。

 遊びの論文を書く上で知的障害関係での教育の視点とは何かとか遊びが道教育に行かされているかをしりたくてCiNiiから引っ張り出したが、遊びと教育に関する記述はなかった。

 しかし、全体的に障害児教育に関する歴史とか現在取り組まれている個別の教育支援計画とは何かについて非常にコンパクトにまとめていて、障害児教育に関する概説としては良い内容となっている。ざっと読んでも参考になる資料であるといえる。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。