スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険とソーシャルケアワーク

山田亮一(2011)「介護保険とソーシャルケアワーク」『高田短期大学紀要』29, 63-71

http://ci.nii.ac.jp/naid/110008151196

PDFあり

 副題は自立を視点としてとなっている。

 題名だけを読むと、介護保険制度下のソーシャルワークの視点とは何かと言ったものを想起するが、内容はそうしたことを焦点化しているわけではない。どちらかといえば介護保険によって打ち出されているはずの「自立支援」という制度設計そのものが機能していないことを中心に論じられている。内容としては、社会福祉学部系の大学なら一度は習う、社会福祉学における自立の概念→障害者自立運動とかバイスティックの自己決定の尊重といったキーの復習となっているが、それだけにとどまらず、新自由主義における自立観が社会福祉分野に注入された事による相違が述べられている。

 簡単に言って、新自由主義の自立観は経済的合理的人間が理性を持って社会的に生きることを持って自立と為すため、従来考えられている社会福祉学の自立観とは全く相容れない。しかし、介護保険の制度設計がこの新自由主義の自立観を多分に含んでいるため、高齢者の自立はかなりハードルが高いものとなっている。そして、介護保険のキーはケアマネが握っているが、エンパワメントやソーシャルアクションを志向せずに、まさに制度の管理監督(マネジメント)であり、ソーシャルワークに馴染まない。論者も提案しているように、新自由主義、保険設計の自立支援とは別の生存権保障や発達権保障を軸にした社会福祉学で言うところの自立を核とした制度の創設が必要であるという主張には賛成する。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。