差異としての「障害」について

森正司(2001)「差異としての「障害」について」『臨床哲学』3, 102-119,大阪大学大学院研究科臨床哲学研究室

http://ci.nii.ac.jp/naid/120002849547

PDFあり

 副題は、ドゥルーズの差異の哲学を手がかりとして となっている。

 ドゥルーズについてCiNiiで検索をかけて、PDFあるものを片っ端から引き落とした。この論文もその一本。ドゥルーズは社会福祉学ではあまりというかほとんど注目されていない。その意味で、ドゥルーズの差異を障害を軸に考えたもので、社会福祉学にとっては非常に貴重なものである。

 とはいえ、障害の差異については、小泉義之とか立岩信也とかいわゆる生存学とか障害学研究が一歩先を行っていて、しっかりドゥルーズも援用されている。なので、取り立てて新しいことをこの論文で記述されているわけではないが、そうした知見を踏まえながら、トータルにまとめようとした意気込みが伝わる。また、やや詰め込みすぎで整理仕切れていないように映るけれども、障害と健常という区別に潜む、差異とドゥルーズが訴えたかった差異の違いについてかみ砕いて説明している。

 詳しくは本文を読んでもらうとして、健常と障害にある差異は、健常ではないことを区別する上で障害が生まれている。これは通説である。しかし、ドゥルーズの差異は区別ではなく、差異の中に潜む運動に着目している。先に健常と障害の区別は、静的で障害を遮断する。しかし、ドゥルーズは障害と言われる人たちと健常と言われる人たちの中に、比べようもない特異点があり、それが無数にひしめき合って、接続したり繋がったりしている運動の中に差異を見出す。それは、面白いもの、興味深いもの、否定されるもの、忌避されるものが一緒くたに一つの事象の中存在していることを示す。そもそも障害とは何かとか健常とは何かという区別すら、差異の運動の中にぶっ込んで、相対化し、溶解させる。その後に飛び出るのは、生の肯定であった生のエチカ(倫理)である。そのことを描いた上で、しかし現実はそう簡単にはいかないこともしっかりと書いてあり、ではどうすればよいかもささやかに示しつつ、やっぱりまだだよねと書いてある当たりに誠実さが伺えた。

 とまぁ、おおざっぱに書いたけど、後半ちょっと理解できないところがあったりして、私はこんな感じで読んだという感想にしかならない。

 出生前診断とか障害と健常の区別は生の倫理ではよく取り上げられているが、その軸にドゥルーズを取り上げたのは正解ではないかなぁと思う(出生前診断についての記述で、ドゥルーズの骰子(さいころ)の比喩は美しかった)。まだまだ社会福祉学としては取り上げられることの少ない哲学者。これからもっと取り上げられるようになってほしいと思う。

スポンサーサイト

西王母の娘たち

大塚秀高(2011)「西王母の娘たち」『日本アジア研究』8, 81-94,埼玉大学大学院文化科学研究科

http://ci.nii.ac.jp/naid/120003056477

PDFあり

 副題が、「遇仙」から「陣前比武招親」へ となっている。

 もともと山海経をCiNiiで検索をかけていてそれからPDFのあるものを片っ端から引っ張り込んだもの。その一つがこれであった。もともと西王母は、中国の仙女の元締め、あるいは、山海経では、異形の獣ともつかない容貌で、神話学的には全宇宙を統合する単一神であると見なされていた。しかし、時代が下っていくにしたがって、時の帝と交会(具体的には性交)するようになったり、西王母の娘たちもまた、そうした人間との交会とかが文学の主題になっていったとされる。七夕で有名な織り姫もまた西王母の娘であり、仙女としてもかなり位が高いとされていたそうな。

 もっとも最初は全宇宙を統べる神であったが、だんだんと位が下がっていくことやその理由についてかなりじっくりと書かれている。ただし、途中で漢文が多用されていたり、中国の古代文学の知識がないとかなり引っかかるところがあり、読み飛ばしたところもあった。とはいえ、ざっと大まかに流れを掴みながら読めば、なかなか面白い内容となっている。織り姫の件とか西王母がどのように時代と共に変遷したのかとかその娘たちのストーリーとか。

 たぶん、すごく丁寧に書いているんだろうけど、素人にはちょっと敷居が高いところもあるが、先に言ったようにざっと読み通してみると面白いかと思う。

知的発達障害児の療育技法

加藤尚子(1997)「知的発達障害児の療育技法」『立教大学教育学科研究年報』41, 49-63

http://ci.nii.ac.jp/naid/40003728282

PDFなし(秋田大学で収集)

 副題が、援助者との関わりを中心に となっている。

 私が知的障害児施設に勤めていて、本格的に論文を収集し始めの頃に出会った論文。そのころ、CiNiiを知らなくてNDL-OPAC一本でリストを作って、一つ一つ図書館で収集していた。秋田大学の図書館に一般の人が入れるとも思っていなかったし、書架を自由に探索することも初めてで、すごく新鮮だったし、しばらく図書館に行くことに興奮を覚えていた時期があった。それでも、自分が読みたい論文に出会うことは少なかったし、むしろ読みたいと思える論文を探し当てることの方が困難であった。

 この論文は、そんなときに自分が知りたいことをぴったりと言い表していた内容でとても嬉しかったことを記憶している。知的障害児への療育としては、特に自閉症児ではTEACCHが有名であるが、それ以外にもたくさんの方法があることは知っていたが、この論文にあげられる様々な方法の数の多さにビックリする。また、それぞれの方法について一つ一つを丁寧に解説するのではなく、おおざっぱに分類し、カテゴリー化しており、そのカテゴリーを参照しながらその療育方法のイメージを理解するのに役立っている。

 また、それにとどまらず、問題行動とは何かとか援助者が療育方法を採用することの困難さなどもしっかりと押さえつつ、事例もあげているサービス満点の論文である。単なる紹介にとどまらず、援助者のスタンスについてしっかりと書かれている良い論文である。

 立教大だし教育学部の紀要なので手に入りやすいと思われるので、もし興味がある方は是非読んでみてほしい。若干古いけれど、頭の整理にはとても良い内容である。

障害児教育と遊びに関する論文4本

宮崎光明・井上雅彦(2008)「自閉症児における『はさみ将棋』の指導」『発達心理臨床研究』14,143-153

http://ci.nii.ac.jp/naid/120001073388

PDFあり

 副題は、条件性弁別訓練と行動連鎖法を用いたルール理解の促進 となっている。

 結果としてはさみ将棋ができたことについて、どうしてはさみ将棋ができたのかを考察したもの。また研究として、幼児を対象としたものが少ないことから、研究が行われた。ゲームの選定方法や分かり易さ、そしてどのような能力を必要としているのかを分かりやすく説明している。

岡田智・後藤大士ほか(2005)「ゲームを取り入れたソーシャルスキルの指導に関する事例研究」『教育心理学研究』53,565-578

http://ci.nii.ac.jp/naid/110003479882

PDFあり

 副題は、LD,ADHD,アスペルガー症候群の三事例の比較検討を通して となっている。

 その名の通り、社会性向上のためのコミュニケーショントレーニングである。この副題にあげる三障害はそれぞれが近接しているものの、性質が異なり、同じゲームをしていても、それぞれの症状によってコミュニケーションの困難度が違うし、好転する機会も違うことを示している。

関戸英紀(1995)「自閉症児における競争行動の獲得過程」『特殊教育学研究』32(5),119-125

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006785011

PDFあり

 副題は、ジャンケン技能の獲得を中心に となっている。

 自閉症児はしばしば競争とか闘争とかそうしたことに疎いとされる。そのことでゲームとしての勝利による喜びとか楽しさを感じることができないとされる。ジャンケンでも勝てば嬉しいし、負ければ悔しい。それはしばしばジャンケンをすることで何かしらの対価があるときに多いが、自閉症児はなぜジャンケンをするのか、勝つとは何かという前提が分からない場合が多いとされる。実は、この勝つとか勝つために智恵を絞ることは社会生活では必要なことである。そんな競争原理を教えるために、どうしたのかを丁寧に書いている。

古屋義博・鷹野美香ほか(2002)「ある一人の知的障害児の社会性発達の過程と教師による関与との関係」『山梨大学教育人間科学部紀要』3(2),227-234

http://ci.nii.ac.jp/naid/110000086119
PDFあり
 一人遊びから他者の承認を得て遊ぶまで、遊びの発達について分かりやすい図説と写真で紹介した内容。それにしても、子どもに目線も入れずに、倫理的配慮に関しての記載もないままに写真を載せていた。それが気になった内容である。

自閉症児におけるパーティーゲーム参加への支援とその効果に関する予備的研究

奥田健次・井上雅彦(2002)「自閉症児におけるパーティーゲーム参加への支援とその効果に関する予備的研究」『発達心理臨床研究』8, 19-28,兵庫教育大学学校教育学部附属発達心理臨床研究センター

http://ci.nii.ac.jp/naid/40005598507

PDFなし(秋田大学で収集)

 詳しくは本文要旨に書いてあるけれど、6人の自閉症児にちまたで遊ばれているパーティゲームを提供して、どうしたら理解してもらえるのか。あるいはどう教えていいかを考察した内容となっている。2002年という事でほぼ10年前のパーティゲームなので、センダ・ミツオ・ゲームとかマジカルバナナとか懐かしいゲーム。この他、牛タンゲームとか古今東西とかを実施している。

 ゲームというのは、それ自体が構造を持っており、それがいわゆるルールである。しかし、ルールを知っているだけではなく、その手順の「意味」とかゲーム自体を遊ぶための勝利条件の「意味」を知っていなければならない。自閉症児やゲーム自体が初めての場合、手順がどんな意味を持ち、それが勝利条件とどう結びつくのか、禁則を踏まないために戦術はどうするのか。あるいは負かすためにどう誘導させるのかといったことが分からない。

 この論文はその事を踏まえながら、丁寧にルールの説明から、どのようにゲームを提供するべきか、あるいは教えるべきかを論じている。またしっかりと知的発達とか社会性向上について分析を行っている。しかし、私はこの分析は蛇足であると思う。むしろ、知的障害児(自閉症児)でも、ちゃんとゲームで遊べることを提示しているだけでもかなり価値のある内容であるからである。もっとも、知的障害児も人並みの遊べるんだよと言うことだけをつづってしまえば論文としての形を為さないからしょうがないと言えばしょうがないが。分析は分析として読んだとしても、とても参考になったし、面白い内容。

 残念ながら、これはPDFがCiNiiにはない。ただ、両者の執筆者はかなり精力的に研究を重ねており、自閉症児の教育方法について多様に発言、提示しているし、中にはPDFで落とせるものがあるので、その手の関係者にはかなり参考になるかと思う。

井上雅彦

http://ci.nii.ac.jp/nrid/1000020252819

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002401840

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002588022

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002600017

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002824969

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000006598989

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000006980836

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000014350438

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000017498018

奥田健次

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002825082

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002825138

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002825138

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002833618

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000006165443

障害児教育の考え方

辻弘三(2008)「障害児教育の考え方」『太成学院大学紀要』 10, 183-194

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006966929

PDFあり

 副題は、知的障害養護学校からの発信 となっている。

 遊びの論文を書く上で知的障害関係での教育の視点とは何かとか遊びが道教育に行かされているかをしりたくてCiNiiから引っ張り出したが、遊びと教育に関する記述はなかった。

 しかし、全体的に障害児教育に関する歴史とか現在取り組まれている個別の教育支援計画とは何かについて非常にコンパクトにまとめていて、障害児教育に関する概説としては良い内容となっている。ざっと読んでも参考になる資料であるといえる。

プロフィール

kuma

Author:kuma
救護施設→知的障害児施設→通所介護施設(高齢者)と15年以上。これからも思考と体力で、働いていきます。

自分のサイトもあります。
kumaの学習ノート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク